ニュース

2021年度リベルサミットが行われました

2021年4月9日(金)、リベルワークスの前年度の振返りと2021年度目標を全員で共有し、そしてリベルワークスの新たな事業についてのディスカッションも全員で行う、リベルサミット2021が開催されました。今回のサミットは、コロナウイルス感染予防として、Teamsを活用したWeb-conference形式で行われました。

リベルサミットは李社長の開会宣言でスタートし、2020年度の振り返り、2020年度の各勉強会の成果報告、NextStep2023の2年目として2021年度の目標についての発表が行われました。2年目として引き続き目指すゴールは3つです。「生産性の高い組織」「顧客に選ばれる組織」「技術者に選ばれる組織」

また、リベルワークスの新たな事業(6つの事業シーズ候補)についての全員参加のディスカッションも5グループに分かれて行われました。働き方として新たに(コロナによる緊急対策ではなく)「在宅勤務規程」が制定され、その概要の説明も行われました。この「在宅勤務規程」は4月21日より運用が開始されました。

ノーコードアプリ開発ツールプロジェクト

リベルワークス広報の金田です。現在、リベルワークス事業企画グループにて、ノーコードアプリ開発ツールプロジェクトが始動しています。ノーコード開発ツールはコーディングを必要とせず、GUIで簡単にシステム開発ができるプラットフォームです。

当初は多少なりともプログラムに携わり、三行程度コードを書いたことがある自身としては、リベルワークスという開発会社におけるノーコードツール導入について、若干ながらとまどいを感じました。しかしながら、相当に盛り上がってきたノーコード/ローコードとは実際使えるのか。一過性のブームなのか本物か。今回のプロジェクトに関係するにあたり、ノーコード開発ツールについて、有名どころ一通りお試ししてみました。

まずリベルワークスのノーコードアプリ開発ツールは、一日でAndroid iOS対応のアプリが作成できます。プッシュ広告、クーポン、予約など、企業店舗アプリに必要な機能がGUIで実装できます。また別のシングルボード用ノーコードツールでは、WEB上の開発プラットフォームにアクセスして、追加するデバイス、チップ名を検索するだけで、リポジトリから追加機能パネルとして読み込まれ、後はブロックをくみ上げるだけで簡単に動きます。GUIによる制限、可読性など難はありますが、外注するより確実にローコストです。

米リサーチ会社によれば、ノーコードの市場規規模は、年率50%の成長を続けており、2022年には2兆円を超えると予想されています。リベルワークスと取引があるローコード開発プラットフォームも、2020年2月期決算は前期比で大幅な営業増益となっています。

現在の長引くコロナ禍でビジネス環境は一変し、変化に適応できなければ生き残れない状況です。デジタル化しかり、テレワークしかり。画してノーコード/ローコードはDX、デジタル活用、事業変革の推進剤となりえるのか。いずれにしても、たとえ開発会社としても、ノーコード/ローコードは、無視できない市場となっているようです。

新年あけましておめでとうございます。

皆様、新年あけましておめでとうございます。李です。

昨年は、新型コロナウィルスの感染拡大の脅威と、世界的な経済悪化に翻弄された1年でした。我々のビジネス領域である医療・ヘルスケア関係者にとって、この新たな感染症の脅威に立ち向かった1年であったとも言えます。
現在もなお、1月からの緊急事態宣言の中で、在宅勤務を中心に事業を進めている状況であります。まだまだ、先が見えない2020年を振り返り、2021年を最高の年にすべく突き進む決意にみなぎっています。

コロナ禍であってもリベルワークスは、NextStep2023「医療機器開発のNo1システムベンダーへ」の事業計画をもとに、医療機器開発支援の顧客業務を着実に進めて来ました。
特に新規医療機器開発を目指す顧客獲得においては、工期1年以上の複数件の大規模開発支援業務、複数のスタートアップ企業開発認証支援業務、AI、クラウド医療機器サービス顧客の業務支援など、確実に時代が求む開発業務と、コンサルティング業務獲得の大波にのっていると思っています。

そしてリベルワークス社員の献身的な業務遂行により、12月末時点で確実に目標を達成している状況にあります。改めて皆様の2020年業務に感謝の意を伝えます。
昨年は9名の新人の方がリベルワークスの一員として入社されて業務や研修に励んでおります。複数の社員が結婚・出産されており、とても嬉しく喜ばしい出来事もございました。世の中が厳しく暗い情報が多い中でも、明るい情報と結果が生み出せて本当に良かったです。

「大変な状況下、万全ではない環境の中で、献身的に業務遂行していただき、結果を生み出し本当にありがとうございました」

「人間は磨けば輝くダイヤモンドの原石」といったある先人の言葉を胸に、人材力で未来を切り開く会社であり続けたいと思います。皆様も自分磨きを怠らず、いつも輝きを放つ人材であってほしいと思います。皆さんの志と努力で未来はどのようにも変わります。
2021年はリベルワークス創立15周年を迎える記念すべき年であります。メンバー全員の力が15期目を迎えたリベルワークスのこれからの未来の原動力になります。リベルワークスは皆様の人材力(人財力)が原点であり、そこから洋々たる未来が構築されます。

そして新たなる2021年、リベルワークスのビッグキーワードは、
❶人材育成(人材教育)、❷AI、❸クラウド セキュリティ、❹VR(仮想現実) AR(拡張現実) MR(複合現実)、❺5G
新たな技術をもって、新らしいニーズから企画し、実用化、ビジネス化する未来をイメージしてチャレンジしたいと思います。

2021年もピンチをチャンスに変えて素敵な1年にしましょう。今年もよろしくお願い致します。

李 亨植

年末年始休業のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。弊社では下記の期間を年末年始の休業とさせていただきます。

【年末年始休業期間】2020年12月29日(火)から2021年1月4日(月)

なお、休業期間中のお問い合せにつきまして、2021年1月5日(火)より、順次対応させていただきます。ご了承のほどお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症に関するテレワーク期間の延長について

新型コロナウイルス感染症により、お亡くなりになられた方々に謹んでお悔み申し上げます。また罹患された方々には心よりお見舞い申し上げます。
当社では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、お取引先様、従業員とその家族の安全確保・感染予防と感染拡大の防止・事業継続のため、テレワークによる業務を実施いたします。

テレワーク実施期間 2020年4月1日~2021年03月31日

今後もお取引先様、従業員とその家族の安全確保と感染拡大の防止を最優先としつつ、お客様への製品・サービス提供の継続について、最新の状況に応じた対応を行います。
お取引先様、関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ISO/IEC 27001:2013 認証(日本産業規格 JIS Q 27001:2014 認証)を取得しました

2020年8月21日、株式会社リベルワークスは、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格 ISO/IEC 27001:2013 認証(日本産業規格 JIS Q 27001:2014 認証)を取得致しました。

弊社は、高度な情報セキュリティの確保と、顧客情報の保護が必要とされる、医療システム開発業務と、審査認証業務を主な事業内容としております。
この度のISMS認証の取得に由り、お客様、お取引先様からお預かりしている大切な情報資産と、自社の情報資産の管理体制について、国際規格及び日本工業規格への適合を、第三者機関より認証されました。

弊社では、さらに高度な情報セキュリティマネジメントシステムの構築を目指すとともに、情報セキュリティポリシーに基づき、情報管理体制の厳正な運用と改善に取り組んでまいります。

 

LIBERWORKS_rogo

取得認証規格 ISO/IEC 27001:2013 (JIS Q 27001:2014)
認定機関 IAS The International Accreditation Service
認証取得番号 GIJPA-0006-IC
登録日 2020年8月21日
認証(審査登録)機関 G-CERTI

有料職業紹介事業を取得しました

2020年9月1日、株式会社リベルワークスは、有料職業紹介事業許可証を取得しました。

許可番号 13-ユ-302521

許可年月日 平成19年9月1日

上記の者は、職業安定法第30条第1項の許可を受けて、下記の通り有料職業紹介事業を行うものであることを証明する。

有効期限 令和2年9月1日から令和7年8月31日まで

医療機器品質マネジメントシステムの国際規格 ISO 13485:2016 認証を更新

2020年6月14日、株式会社リベルワークスは、医療機器品質マネジメントシステムの国際規格 ISO 13485:2016 認証を更新致しました。

弊社は、医療ソフトウェア開発業務、医療システム開発業務、審査認証業務を主な事業内容としております。国際規格を準拠し、安全で高品質な医療ソフトウェア製品の開発・製造を通じて、医療への貢献に努めてまいります。

取得認証規格 EN ISO 13485:2016
認定機関 Czech Accreditation Institute
認証取得番号 810015
登録日 2018年7月17日
認証(審査登録)機関 LLC

 

新型コロナウイルス感染症に関する当社の対応について

新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔み申し上げます。また、罹患された方々には心よりお見舞い申し上げます。
当社では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、お取引先様、従業員とその家族の安全確保・感染予防と感染拡大の防止・事業継続のため、4月1日から4月30日の期間、テレワークによる業務を実施いたします。

テレワーク実施期間
2020年4月1日~4月30日

今後もお取引先様、従業員とその家族の安全確保と感染拡大の防止を最優先としつつ、お客様への製品・サービス提供の継続について、最新の状況に応じた対応を行います。
お取引先様、関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。